中小企業の成長とイノベーション PDF

Growth and Innovation of SMEs

単位数

2単位

開講学期

春学期

開講曜日・時限

土曜日 5・6時限目(隔週)

位置づけ

起業・第二創業コース分野 基礎段階

科目紹介

科目の重要性・必要性

日本の中小企業を取り巻く環境が激変する中で、中小企業経営者としての存在意義と経営理念、中小企業にとって「成長」と「イノベーション」などに関する考え方が構造的に変化しつつある。こうした状況において、「中小企業経営者とは?」、「成長とは?」、「イノベーションとは?」を問い直すことが求められている。

科目の目的

本科目の授業では、中小企業に関する既往論文(中小企業論、ベンチャービジネス論等)、中小企業の成長事例とその要因分析、中小企業経営者のモチベーションと成長戦略、中小企業のグローバル化、中小企業の「成長」と「イノベーション」との関係性、中小企業支援施策などの視点から検討を進め、今後のあるべき中小企業の姿(新中小企業論)について展開する。
受講者は、本科目を受講することによって、①中小企業が抱える構造的課題とは何か?②中小企業経営者にとって「成長」とは何か?③中小企業の「成長」のためのイノベーション(経営革新)とは何か?④中小企業が生き残り、「成長」するためには何が必要か?⑤イノベーション(経営革新)のためにどのような公的支援策を活用すればよいか?などに応えられる基礎的知識を修得できるとともに、今後のあるべき中小企業の姿を考察する思考力を身につけることが出来る。
本科目は、中小企業経営者及び後継者・幹部候補社員、起業者、中小企業を対象とするコンサルタント、中小企業支援機関に勤務する職員など中小企業に興味を持つ方に受講を薦めたい。

到達目標

受講生は、自分が思う中小企業像を描けるようになるとともに、それを実現するための「成長とイノベーション」を体系的に整理できるようになる。

受講してもらいたい院生

  • 中小企業の経営者、後継者、幹部社員に該当する院生。
  • 将来、起業することを目指している院生
  • 中小企業の経営に興味をもつ院生

授業計画

1 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

中小企業論に関する文献を対象に、中小企業とは何かを予習しておく。

授業内容

本授業における中小企業に関する基礎的認識

  • 大企業と中小企業の比較を踏まえ、中小企業の構造的強みと弱み、中小企業における「成長」の概念などについて討議し、中小企業に関する基礎的認識を深める。

2 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

中小企業のもつ特長と課題を復習するとともに、企業のイノベーションに関する文献を対象に、企業におけるイノベーションの方法論を学んでおく。

授業内容

中小企業の成長のためのイノベーション

  • 企業におけるイノベーションに関する既往の研究成果、事例等を整理するとともに、「成長」とイノベーションの関係性を検討する。

3 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

企業におけるイノベーションの手段と成果を再確認するとともに、企業経営における「経営理念」とは何かを学んでおく。

授業内容

中小企業経営者の経営理念・哲学と経営マネジメント

  • 中小企業経営者の人生観、生き方、体験などが、経営理念・哲学(あるべき会社像)や経営マネジメントに及ぼす影響について検討する。

4 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

中小企業における「経営理念」とはどのような意味を持っているかを再確認するとともに、時間授業の「起業」における問題点を調べておく。

授業内容

起業の現状と課題

  • 我が国では製造業の開業率の低下が顕著となっている。我が国における起業の現状と課題を踏まえ、起業を促進するための起業者への動機づけと対応策を検討する。

5 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

起業を促進するためには起業者と関わる関係機関・組織の活用方策を考える。また、中小企業におけるBtoBにおける取引がどのように変化しているかを確認しておく。

授業内容

中小企業と大手企業との取引構造の課題と対応

  • 大手企業の発注構造が大きく変化する中、中小企業における大手企業との取引構造に関わる課題と対応策について検討する。

6 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

今後の中小企業におけるBtoBの取引を促進するためには、中小企業がどのような要件を満たしておくべきか確認する。また、中小企業が新技術、新製品の開発を進めるにおいて予想される課題を抽出しておく。

授業内容

中小企業における新製品・新技術開発とイノベーション

  • 中小企業における新製品・新技術の開発によるイノベーションの進め方と課題への対応策について検討する。
  • 中小企業における経営理念、経営目標、経営戦略・戦術などを一貫した事例を整理する(課題)。

7 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

中小企業における新技術・新製品開発における課題の克服について確認するとともに、賃加工から設計、自社製品開発などの業態革新における課題を抽出しておく。

授業内容

中小企業における業態開発とイノベーション

  • 中小企業における賃加工型、設計・生産型、自社製品型など新業態開発を進める方法と課題への対応策について考察する。中小企業における経営理念、経営目標、経営戦略・戦術などを一貫した事例の発表を行う。

8 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

業態開発における課題を克服するための施策を確認を行うとともに、新規顧客開拓の方法を把握しておく。

授業内容

中小企業における顧客開拓とイノベーション

  • 中小企業では元請多角化、自社製品開発において顧客開拓力の強化は不可欠である。顧客開拓強化に関するイノベーション(技術営業)について検討する。

9 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

顧客開拓において予想される課題と克服方法を確認する。また、中小企業におけるグローバル化のイメージを明確にしておく。

授業内容

中小企業におけるグローバル化とイノベーション

  • 国内市場収縮と海外市場成長の中で、中小企業の海外市場開拓、国際的生産分業、海外立地(現地化)などグローバル化の視点からイノベーションについて検討する。

10 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

中小企業のグローバル化における課題と克服方法を確認するとともに、今後、日本の中小企業が目指すべき詩型をイメージしておく。

授業内容

今後の中小企業のあるべき姿

  • 我が国における中小企業のあるべき姿と実現のためのイノベーションについて検討する。とくに、一般的に言われているベンチャー企業、オンリーワン企業、グローバルニッチトップ企業などについて検討する。

11 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

日本の中小企業が、今後、目指すべき姿を実現するための課題を認識するとともに、それら課題を克服するための国や自治体などの支援策の概要を学んでおく。

授業内容

中小企業のイノベーション(経営革新)を支援する施策

  • 中小企業の新製品・新技術開発などのイノベーション(経営革新)を支援する国、自治体などの支援策の整理とその活用方策について検討する。

12 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

目指す姿を実現するために国や自治体などの支援策の活用を検討しておく。次回の事例となる中小企業の情報を事前に確認し、質問内容を想定しておく。

授業内容

中小企業の「成長」とイノベーションに関わる事例研究(その1)

  • 中小企業の「成長」とイノベーションに関わる適切な中小企業経営者をゲストスピーカーとして招き中小企業の事例研究を行う。その成果を取りまとめる(課題)。

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

13 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

前回の事例を再確認するとともに、次回の事例となる中小企業の情報を事前に確認し、質問内容を想定しておく。

授業内容

事例研究(その1)の討議

  • 中小企業経営者の事例(12回)を素材に、中小企業の「成長」とイノベーションの視点からレポート作成、発表、討議を行う。

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

14 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

前回の事例を再確認するとともに、次回の事例となる中小企業の情報を事前に確認し、質問内容を想定しておく。

授業内容

中小企業の「成長」とイノベーションに関わる事例研究(その2)

  • 中小企業の「成長」とイノベーションに関わる適切な中小企業経営者をゲストスピーカーとして招き中小企業の事例研究を行う。その成果を取りまとめる(課題)。

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

15 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

前回の事例を総括的に比較検討するとともに、自分としての経営革新のあり方に関するコメントを整理する。

授業内容

事例研究(その2)の討議

  • 中小企業経営者の事例(14回)を素材に、中小企業の「成長」とイノベーションの視点からレポート作成、発表、討議を行う。

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

授業方法

本科目は受講生の質問、意見を取り入れた双方向的な講義形態を採用している。とくに、事例研究ではレポー作成、発表とともに意見交換(討議)が中心となる。

テキスト

各回においてオリジナル資料を配布する。

参考図書

その都度、配布資料に掲載、紹介する。

成績評価

評価の視点
評価
ウェイト
備考

提出するレポート内容

70 %

レポートでは独創性の強い着眼点、分析、考察などを高く評価する。

授業における質問・コメント内容、グループ演習におけるリーダー的役割・発表内容等の視点から評価。

30 %

グループ討議においてリーダーシップを強く発揮したものは高く評価する。

合計
100%

受講生へ授業科目のアピールポイント、必要な基礎となる科目の履修や知識・スキル

新聞の産業・経済面(とくに、中小企業に関する記事)を事前に目を通して、近年の中小企業における動向、課題などの認識を深めておくこと。
受講生の意見を聞く、討議する時間を多く確保できるように努力します。

その他

受講者が務める会社等の業種のバラツキに応じて若干の授業内容やゲストスピーカーを変更することもある。また、ゲストスピーカー(中小企業経営者)の都合によって講義日時が変更することもある。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

専攻案内

本大学院では、キャリアアップを目指すビジネスマンが「技術経営(MOT)」を学んでいます。どのコースにするか悩んだら専攻ナビをやってみよう!

専任教員

充実したMOT分野のエキスパートスタッフを集めています。

活躍する修了生

修了生の声を参考に、これから入学を検討されている方も、既に入学されている方も、本MOTにおける目標設定や人生の目標設定などに役立てて下さい。