ネットワーク型新事業創造 PDF

New business by utilizing external resources

単位数

2単位

開講学期

夏学期

開講曜日・時限

土曜日 5・6時限目

位置づけ

起業・第二創業コース分野 応用段階

科目紹介

科目の重要性・必要性

 周知のとおり日本の大手製造企業は国内市場の成熟化の中でグローバル化を進めてきたが限界があり、根本的課題解決には新たな市場創造が必要となっている。日本の多くの中小企業はかかる大手企業の影響を強く受けており、大手企業に追随したグローバル化とともに新事業創造への対応などが課題となっている。また、中小企業のヒト、モノ、カネ、ジョウホウ、ブランドなどの経営資源は大手企業に比べて大きく劣っており、新事業創造などにおいて社外の経営資源を如何に活用するかといった構造的な課題を持っている。

 かかる課題を解決するために、本科目は、従来からの取引先(顧客)と技術(製品)をベースに、①新事業の創造を如何に進めるか、②その手段の一つとして社外の経営資源を如何に活用するか、といった課題に的確に応えられる技術経営人材の育成を目指して位置付けられている。

科目の目的

 本科目は、基礎段階の「中小企業の成長とイノベーション」(春学期)を踏まえ、応用段階として、新事業の創造や社外の経営資源の活用等をマネジメントできる人材を育成することを目的としている。そのため、新事業の創造においてはアンゾフモデル(改良版)をベースに新たな顧客創造の方向性とともに、その新事業の創造を具体化するための外部の経営資源と取り込むためのネットワーク形成のあり方などを検討する。とくに、本科目は中小企業を前提としており、前者においてはニーズ主導型による新事業創造、後者においては社外の中小企業、大学等とのネットワーク形成に留意した検討を行うこととしている。

 本科目における講義の問題意識、検討のポイントは以下の5点に集約される。

(1)新事業創造の必要性について

(2)新事業創造におけるニーズ主導、シーズ主導について

(3)中小企業だからこそ必要な社外経営資源を活用するネットワーク形成戦略について

(4)中小企業だからこそ必要な垂直的水平連携について

(5)ネットワーク組織を母体にしたイノベーションについて

到達目標

 受講生は本科目を受講することによって、以下の3点に関する対応力を獲得できるようになることを到達目標とする。

(1)アンゾフモデル(改良版)を活用したニーズ主導型の新事業創造を検討できる力を獲得できる。

(2)新事業を実現するための社外の経営資源をうまく活用できる多様なネットワーク形成力を獲得できる。

(3)産学官民連携、中小企業間連携(異技術、異業種の連携)などプロジェクトの企画・運営が出来るマネジメント力を獲得できる。

 

受講してもらいたい院生

 本科目は、以下の院生等が受講されることをお薦めします。

(1)新事業を検討される経営者、後継者、幹部社員、起業者、コンサルタントなどに該当する院生

(2)社外の多様な機関・組織、人材等との連携によるオープンイノベーションに興味を持たれている院生

(3)ネットワークを活用して新たなビジネスを立ちあげることを検討されている院生

授業計画

1 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

中小企業が抱える課題に関する既往文献、中小企業白書(アンケート調査による実態等)を参考に、中小企業における新事業創造の必要性や実現化における課題等を検討しておく。

授業内容

●中小企業における新事業創造の必要性と取り組み

 中小企業を取り巻くビジネス環境を踏まえて、従来事業だけでなく新たな事業の立上げの必要性について検討する。また、中小企業における新事業立ち上げで失敗している事例を対象に、失敗の理由を体系的に整理して、本質的な問題の所在を考察する。

 また、新事業の創造における「成功」の見合いを確認するととも、「失敗」と判断して撤退をするための要件とその必要性等について検討しておく。

2 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

 新事業創造の必要性及び取り組みの失敗要因等を復習するとともに、新事業を検討するための手法について予習しておく。

授業内容

●新事業の検討する手法(基本フレーム)

 新事業の創造において最も有効な手法にアンゾフの技術・市場のマトリックスがある。本授業では、このマトリックスを改良したアンゾフモデル(改良版)、多角化モデルをベースに新事業の創造の検討を進める。この他に、成長曲線からみた新事業のあり方、新業態開発からみた新事業のあり方、新5Sから見た新事業のあり方など、新事業の検討において役立つ手法の紹介、手法適用の有効性等の検討を行う。
 

3 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

新事業創造に関する手法の適用範囲を踏まえて復習するとともに、新事業の取り組みにおけるチェックポイントについて予習しておく。

授業内容

●新事業創造に関わるチェックポイント

 新事業の取り組みの妥当性について以下のチェックポイントを企業事例等を交えながら検討する。

(1)経営理念との整合性

(2)社内における新事業立ちあげの必要性の理解

(3)社内の資源・シーズ、ニーズとの関係性

(4)従来事業と新事業との組合せ(ベストミックス)について

 

4 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

新事業のチェックポイントについて事例を踏まえつつ復習するとともに、自社等を対象に新事業のシミレーションを行っておく。

授業内容

●新事業創造の演習(グループ演習)

 新事業の手法及びチェックポイントを踏まて、新事業創造のあり方を特定事業をベースにグループ演習を行い、新事業創造における課題点が明確になるように検討する。グループ代表者がグループワークの成果をプレゼンし各グループ間で検討を深める。なお、グループ討議の課題テーマは当日に説明する。

5 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

新事業の演習に関わる「振り返り」を行い復習するとともに、新事業におけるアンゾフモデルの検討において課題となるニーズ主導、シーズ主導の優位点、課題点について予習しておく。

授業内容

●新事業創造におけるニーズ主導とシーズ主導

 中小企業の「強み」弱み」を踏まえ、中小企業における新事業創造においてはニーズ主導、シーズ主導の何れかが妥当(適性)であるかについて検討する。とくに、大手企業と中小企業の違いを踏まえて2つのアプローチの妥当性を検討する。

●新事業創造における社外の組織・機関、人材とのネットワーク形成の必要性

 中小企業における新事業創造を実現するためには、ニーズ主導やシーズ主導にしても社外の組織・機関、人材等の経営資源を活用することが重要となってくる。そこで、社外経営資源とのネットワークの形成においてどのような課題が存在するかについて検討を進める。

 

 

6 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

新事業創造においてネットワーク形成の重要性を復習するとともに、ネットワークに関する基礎知識を予習しておく。

授業内容

●ネットワークにおける連携形態

 ネットワークにおける連携形態として①垂直的連携と水平的連携、②強結合と弱結合について概念を学ぶとともに、それらに関わる具体的事例を踏まえながらビジネス界でどのような意味を持っているかを検討する。また、これらの連携形態を踏まえながら、今後新たな連携として重要視される垂直的水平連携、新生産システムなどについて学ぶ。

7 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

ネットワークに関する連携形態の基礎を復習するとともに、それらネットワークを活用したビジネスについて予習しておく。

授業内容

●ネットワークを活用した新事業創造

 ネットワークを活用した新事業創造としては、オープンイノベーション、産業クラスター、集積(近接集積)、スマイルカーブなどの考え方のもと、共同受注組織(強者連合)、産学官民金連携組織などを母体とした新事業創造について検討する。

 

8 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

ネットワークを活用した連携組織について復習するとともに、ネットワークを活用して成長を遂げたS社の企業情報を収集・分析しておく。

授業内容

●ネットワークを活用して成功したS社の事例研究(グループ討議)

 S社は単なる労働集約的色彩の強い中小企業であったが、外部の中小企業・大学・国立研究機関等のとの連携、公的資金の活用などによって、研究・技術集約型中小企業へと脱皮に成功した。この中小企業を対象に、ネットワーク形成をどのように展開し、そのネットワークをどのように活用し、企業体質の改革を進めたかについてグループて検討する。また、代表者がその成果をプレゼンするとともに院生間で討議し、成功理由などについて情報共有する。

●課題レポートの作成

 ネットワークを活用した新事業創造の授業を踏まえ、自社等を対象にネットワークがどのように活用されどのような成果が生まれているか実態と課題を整理するとともに、今後の自社の活性化においてネットワークをどのように活用すればよいかについて課題レポートを作成し第9回の授業でプレゼンする。

 

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

フィードバック内容

作成した課題レポートは、第9回、第10回の授業でプレゼンを行うとともに受講者間で討議し情報共有を図る。

9 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

その1(前半):第1回~8回までの授業のポイントを復習するとともに、それらを踏まえて第9・10回の授業でプレゼンできるように課題レポートを作成する。

授業内容

●課題レポートのプレゼンと討議(その1)

 その1(前半):受講生は作成した課題レポートのプレゼン、討議を第9回、10回の授業で行う。受講生の数によって異なるが、発表時間は15分/人程度、討議は10分/人程度を予定している。

10 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

その2(後半):第1回~8回までの授業のポイントを復習するとともに、それらを踏まえて第9・10回の授業でプレゼンできるように課題レポートを作成する。

授業内容

●課題レポートのプレゼンと討議(その2)

 その2(後半):受講生は作成した課題レポートのプレゼン、討議を第9回、10回の授業で行う。受講生の数によって異なるが、発表時間は15分/人程度、討議は10分/人程度を予定している。

11 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

第9,10回のプレゼンと討議に関する「ふりかえり」を行うとともに、ゲストスピーカー(A氏)が経営する会社を事前に調べ予察的に考察を行っておく。

授業内容

●事例研究Ⅰ(経営者A氏によるプレゼン)

 ゲストスピーカー(A氏)が経営する会社の実情についてプレゼンを受け、予察的に考えていた仮説的な企業像との比較を行う。その検討結果を踏まえて第12回の授業のグループ討議のためのメモを作成する。

12 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

ゲストスピーカー(A氏)の講演内容を確認するとともに、第12回目授業のグループ討議に入る前に問題意識を絞っておく。

授業内容

●事例研究Ⅰの討議

 ゲストスピーカー(A氏)の会社の実情を踏まえ、会社のネットワーク等に関する課題と克服方法等についてグループ討議を行いグループとしての意見をまとめ、プレゼン、討議を行い情報共有を図る。

13 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

ゲストスピーカー(A氏を対象としたグループ討議における「気づき」を整理するとともに、13回授業に登場するゲストスピーカー(B氏)が経営する会社を調べ予察的考察をおこなっておく。

授業内容

●事例研究Ⅱ(経営者B氏によるプレゼン)

 ゲストスピーカー(B氏)が経営する会社の実情についてプレゼンを受け、予察的に考えていた仮説的な企業像との比較を行う。その検討結果を踏まえて第14回の授業のグループ討議のためのメモを作成する。

14 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

ゲストスピーカー(B氏)の講演内容を確認するとともに、第14回目授業のグループ討議に入る前に問題意識を絞っておく。

 

授業内容

●事例研究Ⅱの討議

 ゲストスピーカー(B氏)の会社の実情を踏まえ、会社のネットワーク等に関する課題と克服方法等についてグループ討議を行いグループとしての意見をまとめ、プレゼン、討議を行い情報共有を図る。

15 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

ゲストスピーカー(B氏)を対象としたグループ討議における「気づき」を整理するとともに、第1回~14回の授業内容を踏まえ本科目を総括する意味で深まった問題意識について整理して授業の臨む。

授業内容

●本科目の授業総括

 本科目の総括として以下の3点についてフリーディスカッションを行い理解を深める。

(1)新事業創造の必要性について

(2)新事業創造におけるニーズ主導、シーズ主導について

(3)中小企業だからこそ必要な社外経営資源を活用するネットワーク形成戦略について

(4)中小企業だからこそ必要な垂直的水平連携について

(5)ネットワーク組織を母体にしたイノベーションについて

授業方法

本科目は論理(抽象)と事例(具象)を織り交ぜながら、受講生の質問、意見を取り入れた双方向的な授業形態を採用している。なお、事例は教員が中小企業へ出向き得た情報がベースとなっている。

テキスト

各回においてオリジナル資料を配布する。

参考図書

その都度、配布資料に掲載、紹介する。

成績評価

評価の視点
評価
ウェイト
備考

課題レポートやグループ討議における内容

60 %

提出する課題レポートやグループ討議などの内容における新規性、斬新性、全体構成などの視点からを評価する。

授業態度やプレゼン内容

40 %

授業態度では、質問や自身の意見(コメント)の内容の適切性を評価する。また、プレゼンではプレゼン資料の理解しやすさ、的確な内容説明等を評価する。

合計
100%

受講生へ授業科目のアピールポイント、必要な基礎となる科目の履修や知識・スキル

(1)本科目のテキストは市販されている教科書とは異なり、教員が足で稼いだ中小企業事例とそれらを一般化した論理で構成している。

(2)新聞の産業・経済面(とくに、中小企業に関する記事)を事前に目を通して、近年の中小企業における動向、課題などの認識を深めておくこと。

(3)受講生の意見を聞く、討議する時間を多く確保できるように努力します。

その他

受講者が務める会社等の業種のバラツキに応じて若干の授業内容やゲストスピーカーを変更することもある。また、ゲストスピーカー(中小企業経営者)の都合によって講義日時が変更することもある。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

中小企業技術経営コース

イベント&レポート

来て、観て、触れて、感じて下さい。日本工大MOTに興味がある方を対象として、様々なイベントを開催しています。

オープンキャンパス

日本工大MOTは、どのような学びの場なのかを直接確認できる場として開催