プログラム&プロジェクトマネジメント概論 PDF

Introduction of Program & Project Management

担当教員

単位数

2単位

開講学期

春学期

開講曜日・時限

月曜日 1・2時限目(隔週)

位置づけ

プログラム&プロジェクトマネジメント 基礎段階

区分

基幹科目

科目紹介

科目の重要性・必要性

企業の経営では、常に顧客に対する新たな価値を創造し、提供することにより持続的発展を図っていくことが重要となる。グローバル化の進展、国内の労働生産人口の減少、IT技術をベースとしたビジネス基盤の変化など、企業を取り巻く環境は、常に変化している。こういった現代社会の多様化・複雑化に伴い、新規商品開発、研究開発、経営システム構築、社会インフラ整備など、様々な分野で複数のプロジェクトや活動を統合的にマネジメントすること(プログラムマネジメント)が必要になってきている。日本ではP2M(Project &Program Management for Enterprise Innovation)というプログラムマネジメントの概念・知識をカバーするマネジメント体系が開発され、2001年に初版が発刊されている。P2Mは、今までの日本型マネジメントの特徴や蓄積してきたノウハウを踏まえながら、最近の事業環境の変化を見据えた、価値創造・獲得のための新しい計画・管理体系として編纂された、その内容は国際セミナーの場などを通じ世界に紹介され、その後の世界のマネジメント体系の潮流に影響を与えた。現在では、世界の多くのマネジメント体系にプロジェクトマネジメントに加え、プログラムマネジメントの体系が取り入れられている。企業などが、企業改革、新事業など、時代のニーズに応える新しい価値創造事業に取り組むためには、プログラムマネジメントとプロジェクトマネジメント(以下、プログラム&プロジェクトマネジメント)の実践化が重要となってきている。本授業では、昨今の国内外の動き、SDGs、ESG投資、デジタルトランスフォーメーション、COVID-19による新しい社会観や動きなど、経営戦略に影響を与える環境の変化、社会の変化と課題といった点への理解、感受性を高めながら、そういった変化にどう対応するのか、を考えながら授業を進めていく。

科目の目的

本科目では、プログラム&プロジェクトマネジメントの基本概念を理解し、企業の経営方針・戦略を反映した事業の構想・企画、プログラムの実施、成果物の産出、価値の創造・獲得までの一連のプロセスに必要なマネジメント能力向上に必要な知識を体系的に学び、実践に活用するための基礎を習得することを目的とする。授業では、経営戦略に影響を与える環境の変化、社会の変化と関連する情報への機敏性を高め、変化への対応力の向上につながる内容になるよう工夫している。昨今、注目度の高い社会課題、SDGs、ESG、ステークホルダー資本主義といったトレンドについての理解の向上にも配慮している。

到達目標

企業戦略と事業の関係を理解した上で、企業経営者、経営幹部、企画戦略担当者、事業総括者などの立場より、プログラム&プロジェクトマネジメントを実際の企業活動での課題にどのように適用すればよいか、どういう手順で進めればよいか、などを考える上で必要となるプログラム&プロジェクトマネジメントのための基礎的知識の習得、経営に関連する環境や社会の変化への察知力、必要な収集能力や分析力の獲得を到達目標とする。

受講してもらいたい院生

企業経営者・経営幹部、企画戦略担当、事業遂行者などの立場にて、企業の経営環境の分析や戦略性向上、新しい事業への挑戦、複雑な課題への対応などに取り組むことを考えている院生、特に企業戦略の事業への反映、事業の企画・構想から事業の実施、価値創造までの総合的マネジメント能力の向上を目指す院生、昨今国内外で議論が活発化するSDGS、ESG投資、社会課題、グローバル化、ステークホルダー資本主義、これからのビジネスエコシステムのあり方、などに関心のある院生など

授業計画

1 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

経営戦略と事業戦略の違い、事業のマネジメントに必要な知識、マネジャーとして求められる資質とは何か、という点について自身の経験を振り返り考えてくる。受講後、プログラムとプロジェクトの違い、戦略実現の実践的アプローチとしてのプログラム&プロジェクトマネジメントの概念を復習する。

授業内容

イントロダクション/プログラムとプロジェクトの違いとは何か/プログラム&プロジェクトマネジメントとは   
授業全体の内容について、イントロダクションとして紹介した上で、この授業に臨むにあたって考えることが必要ないくつかの問いかけを行いながら、プログラムという枠組みの概念、プロジェクトとプログラムとの違い、プログラムマネジメントの概念が取り入れられた知識能力体系が生まれた背景とその特徴などについて学ぶ。

 

 

2 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業のため、第1回の記載事項に同じ

授業内容

連続授業のため、第1回のところに、第1回・第2回の内容を記載

3 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

企業経営と事業としてのプログラム/プロジェクトの関係はどのように考えれば良いのか、自分なりのイメージを整理した上で授業に臨む。受講後、企業経営とプログラム/プロジェクトの関係、およびプログラム/プロジェクトのライフサイクルの考え方について復習する。

 

授業内容

企業経営と事業としてのプログラム/プロジェクト、プログラムとプログラムマネジメントの基本的な考え方      
経営戦略に基づく企業のミッション達成を意図したプログラム/プロジェクト立案のアプローチとプログラム/プロジェクトのライフサイクルと3つのモデルであるスキームモデル(構想・企画段階)、システムモデル(実施段階)、サービスモデル(運営・サービス提供段階)の意味を理解する。

 

 

4 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業のため、第3回の記載事項に同じ

授業内容

連続授業のため、第3回のところに、第3回・第4回の内容を記載

5 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

プログラム&プロジェクトマネジメントにはどのような項目があるのか、参考図書やネットでの情報収集、自身の経験などに基づき、予め考え、整理した上で授業に臨む。受講後、プログラム&プロジェクトマネジメントの知識体系の全体像について復習し、理解を深める。

 

 

 

授業内容

プログラム/プロジェクトの立案の基礎とプログラム&プロジェクトマネジメントの基本理論

プログラムとプロジェクトの立案に必要な基本的な考え方と、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメントの全体像を把握し、知識体系として蓄積されてきたマネジメントの基本知識・基本理論を学ぶ。

 

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

6 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業のため、第5回の記載事項に同じ

授業内容

連続授業のため、第5回のところに、第5回・第6回の内容を記載

7 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

自社で実際に動いている事業が経営理念や経営戦略とどのようなつながりがあるのかを予め考え、自社では実際に新しい事業をどのように立案し、また自社の事業のマネジメントがどのように行われているのか、を整理して、授業に臨む。受講後、講義の内容を復習するとともに、授業中に提示される個人課題に取り組む。

授業内容

経営戦略と事業、事業としてのプログラム&プロジェクト立案のために必要なフレームワーク    
経営戦略と連携した形でのプログラム&プロジェクト立案のためのアプローチを理解する。SWOT分析、ロジックモデル、その他の分析や戦略立案に関連するフレームワークなどの使い方を理解し、実際に分析作業を演習する。

8 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業のため、第7回の記載事項に同じ

授業内容

連続授業のため、第7回のところに、第7回・第8回の内容を記載

9 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

第8回の講義中に説明するゲストスピーカーのトピックに関連するテーマについて、予めネットなどで情報収集し、自身の問題意識をもって講義に臨む。授業後、ゲストスピーカーの講義内容につき、復習し理解を深める。

 

授業内容

1限目は、ゲストスピーカーによる講義(企業の研究開発におけるプラットフォームマネジメント)と内容に関する質疑、ディスカッション

2限目は、ゲストスピーカーの講義の振り返りを行うとともに、昨今のビジネスにおけるプラットフォームという概念の広がり、プラットフォームの利用価値などにつき、講義とクラスでの討議を通じ、理解を深める

 

 

10 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業のため、第9回の記載事項に同じ

授業内容

連続授業のため、第9回のところに、第9回・第10回の内容を記載

11 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

ゲストスピーカーのトピックに関連して、第10回の授業の中で提示する内容につき、予めネットなどで情報収集しつつ、問題意識を整理して授業に臨む。受講後、ゲストスピーカーの講義内容に基づき、広範囲な領域、ステークホルダーの介在するプログラムのマネジメントについて復習する。

 

 

授業内容

1限目は、ゲストスピーカーによる講義(環境分野の研究開発プログラムにおけるプログラムマネジメント)と内容に関する質疑、ディスカッション

2限目は、ゲストスピーカーの講義の振り返りを行うとともに、地域活性化、環境課題など、広範な領域に広がり多様なステークホルダーの関与するプログラムの考え方、プログラムマネジメントについて理解を深める。

 

 

12 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業のため、第11回の記載事項に同じ

授業内容

連続授業のため、第11回のところに、第11回・第12回の内容を記載

13 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

プログラムマネジャー/プロジェクトマネジャーにはどのような資質が求められるのか、今まで受講した講義に基づき、自分の考えをまとめた上で授業に臨む。受講後、プログラムマネジャー/プロジェクトマネジャーに求められる資質についての理解を確認し、自社においてどのように人材育成をしていくことが必要かについて考える。

 

 

授業内容

プログラムマネジャー/プロジェクトマネジャー/人材と組織
プログラムマネジャー/プロジェクトマネジャーに求められる資質、その人材育成のあり方について理解する。また、プログラムやプロジェクトの事業組織について学ぶ。

14 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

第12回目の授業中に説明する最終試験の向けた復習のポイントを踏まえ、最終試験の準備を行う。受講後、最終試験の回答が難しかった内容について復習する。

授業内容

最終試験

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

15 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

講義全体を通じて理解不足の点を整理して授業に臨む。受講後、本授業全体の理解を確認し、今後補強すべき点を明確にする。

授業内容

講義全体のまとめ
第14回の最終試験の解説と講義全体のまとめを行う。

授業方法

パワーポイントのテキストによる授業を主体としながら、時々、演習問題やクラス討議を入れて、プログラム&プロジェクトマネジメントの基本的な考え方を理解し、企業が抱えるさまざまな問題に対するプログラム&プロジェクトマネジメントのアプローチに対して理解を深める。経営戦略などに影響を与える国内外で発生している新しい動きを可能な限り取り込んだ授業を心掛けている。

テキスト

授業配布のパワーポイント

参考図書

プログラムマネジメントの関係図書として次のようなものがあるが、その他、本授業に関連する参考図書は授業中に適宜紹介する。
・「実践プログラムマネジメント」(吉田邦夫・山本秀男、日刊工業新聞社刊 ISBN978-4-526-07227-7)
・「P2M入門」(小原重信、H&I刊 ISBN4-901032-52-6)
・「P2Mプログラム&プロジェクトマネジメント標準ガイドブック」(日本プロジェクトマネジメント協会編、日本能率協会マネジメントセンター刊、ISBN978-4-8207-4887-8)
・「中小企業技術経営実践講座」(日本工業大学大学院技術経営学科監修、工学図書(株)刊、ISBN978-4-7692-0482-4)など
第13章 P2Mプログラムマネジメント   
第14章 プロジェクトマネジメントの基礎

成績評価

評価の視点
評価
ウェイト
備考

授業に対する参画姿勢、演習や発表の内容で評価する。

50 %

本科目は、プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎的内容であり、基礎知識や概念の説明も多いが、授業はアクティブラーニング的な方法により、クラス討議、グループ討議なども適宜活用する予定であり、積極的な討議への参加姿勢を評価に含める。

期末テスト

50 %

第14回目に予定している最終テストでの試験の理解度で評価する。

合計
100%

受講生へ授業科目のアピールポイント、必要な基礎となる科目の履修や知識・スキル

今後自身の立場において、どのような新しい事業に取り組む必要があるか、どのような価値創造が必要となってくるかなどについて、予め自分自身の考えを整理しておくとともに、自分自身の事業マネジメントに対する問題意識などを考えておく。経営に影響を与える昨今の国内外の動きについて、新聞などでキャッチするように努めると授業内容との関連で相乗効果が期待できる。
参考図書などをもとに、大まかな各章の概要を理解しておき、質問などがあれば、準備する。
春の授業で、プログラムとプロジェクトの違い、定常活動と非定常活動の違い、プログラム&プロジェクトマネジメントの全体像を理解して、プログラムマネジャー、プロジェクトマネジャーとして実践の場で活躍するために必要な基礎知識を獲得することを目指す。

その他

春学期の「プログラム&プロジェクトマネジメント概論」、夏学期の「プログラム&プロジェクトマネジメントの応用」、秋学期の「中小企業のプログラム立案ケーススタディ」は、関連科目となっているため、シリーズでの受講が望ましい。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

中小企業経営コース

入試情報

イベント&レポート

来て、観て、触れて、感じて下さい。日本工大MOTに興味がある方を対象として、様々なイベントを開催しています。